FlowerDiary

Category: 未分類 (page 1 of 3)

青い花たち

青い花が好きです。

青というより水色かもしれない。

今回はこの時期に咲いている青い花を紹介します。

上の写真はロベリアです。細かい名前は分からない。

50円のお安い苗をまだ小さいうちに買ってきて育てました。

切り戻しも、花がら摘みもしてませんがこんなに鮮やかに咲いてくれました。

実は去年はサントリーフラワーズさんのアズーロコンパクトを買ってきてこんなに大きく育てました。

鉢は10号で、その3倍くらいになりました。青い花が好きなので切り戻しを頑張って夢中で大きくしました。

しかし夏越しできず梅雨明けごろに数日で枯れて消えてしまいました。

そんなわけで私にはロベリアは無理だ、育てられないと思い、今年は(お高い)ブランド苗に手を出すことはせず、しかしもう一度だけ…と思いふつう?のロベリアを買ってきたのでした。

この先どうなるかわかりませんが(去年は過密にしすぎたのかもしれないし、そもそも猛暑が悪かったのかもしれない)、どうなってもやっぱり来年も育ててしまう気がします。

しかし、最初の写真のロベリアは1苗なんですがどう見ても2色に見えるのは何故なんでしょうか…(写真だからではなく、肉眼でもそうです)。

 

ただいま目を惹くもうひとつの青がデルフィニウムです。

これも暑さに弱いと見たのでどうせ我が家では長持ちしないだろうと育てるのは諦めていましたが、上のロベリアと一緒に50円で見つけたので、1つだけ試してみようと買いました。

やっぱり、美しい。

1つだけでも気分を上げてくれます。

庭植えは無理でも鉢植えで来年も楽しみたいです(気が早い)。

 

もうほぼ終わってしまいましたが少し前まで咲いていたのがペンステモン「エレクトリックブルー」です。

この写真が一番本物に近い色合いに撮れました。

デルフィニウムほどゴージャスには咲きませんが、まさに「エレクトリック」な目を惹く青色をしています。

これも(またか…)暑さに弱いとのことで、去年買ってきてほぼ諦めていたのですが、なんとか1年生き延びて花を咲かせてくれました。

地植えできたら良いのに…。

 

これから咲きそうな、期待の花がこのシナワスレナグサ(シノグロッサム)です。

去年、ワイルドフラワーの種からぽつりぽつりと咲いて、青色がきれいだったので秋に種を買って育てました。

ふつうのワスレナグサも(いや、そもそもふつうのワスレナグサこそ)欲しかったのですが、暑さに弱いようだったので諦めていたところ、夏の間もなかなか頑張ってくれているこの花を見て期待を寄せました。

きちんと育てた今年はどこまでもってくれるのか楽しみです。

しかし青い花は何故どれもこれも暑さに弱いのでしょうか…。

 

そういえばヤグルマソウもありました。

白から紫を経てえんじ色までありますが、この青色が一番好きです。

こぼれ種のときに紹介し忘れましたが、この矢車草もこぼれ種で雑草にも負けず、毎年花を咲かせてくれています。

今年は表庭に移植されてきました。

来年から表庭にも零れ種で増えるといいなあ。

 

去年の写真ですがこれから期待のルリマツリです。

どれもこれも、水色は暑さに弱い花ばかりでしたがルリマツリだけは違います。

たった1年で何倍にも株を成長させてくれましたので、今年はさらに大きく咲いてくれると思います(半つる性なのでやや手に負えなくなるのがたまに傷)。

強い性質のわりには花色も柔らかくて素敵ですよね。

どうしても欲しいのに花屋さんにも見かけなくて、天神の街中の花壇に植えてあるのをじーっと眺めていたのを思い出します…(その後、姉と母が見つけてきてくれました)。

この他、今年は宿根フロックス(←暑さに強いらしい)の「ブルーパラダイス」という品種も植えているのでこれからどうなるのか楽しみです。

しかし、水色というより紫に近そうなので理想の青色!とは違うかもしれません…。

暖地の夏におすすめの花③

とりあえずこれで終了予定、夏におすすめの花③つめです。

私のおすすめの理由の半分以上は「コスパがいい」になりますので、とにかく長持ちしたものがメインになっています。

今回はサンパチェンスです。

サカタのタネさんが開発した日光に強いインパチェンスで、サフィニア同様この時期はどこのホームセンターにも展示しているかとおもいます。

なんと満開の写真を撮っていなかったので急遽今の花を撮ってきました(雑ですいません…)。

関係ないですけどこれはスマホの写真なんですよ、画質の向上に驚きます。

 

5/11 去年買ってきたときです。

ピンクと白の2色を買いました。

もっと早くから売り出してます。

 

6/7 一ヶ月後。小さい画像しかありません…。

8/2 同じく小さい画像のみ…鉢増ししています。

日光に強いといっても元がインパチェンスなのでこの場所は過酷だったかもしれません。

葉が萎れていますね…でも陽が和らぐとまた復活します。

 

10/6 冬越し用に挿し芽株を作ってみました。

インパチェンスはすぐ根付きます。

日陰で水多めで、失敗した記憶はありません。

室内で水にただ挿しているだけでも発根します。

これは真冬はランと一緒に加温されるビニールハウスにいました。

親株はそのまま無加温の温室の中でした。

12/4 親株の冬、最後の写真です。

たしか12月末くらいまでは観賞できる状態でした。

同日の挿し芽株。

冬越しのためなので花は咲かなくて良いのに、切っても切っても咲いていました。

5/12 本日の挿し芽株です。

水やりは人任せで放置になっていましたが、売っている苗と遜色ない程度です。

早急に植え替えをしないと…。

同じく本日の親株です。

無加温の小屋でも冬越しできました。

ピンクの方です。挿し芽株もそうでしたが、白の方が強いような気がします。

ちなみに親株は大きくなりすぎて、現在の鉢は12号相当になっています。

 

以上、おすすめの花のサンパチェンスでした。

おすすめ理由は

①陽射しにも強い

②花期がものすごく長い

③冬越しできる

④挿し芽が容易

花の見た目はフィエスタ(八重咲きインパチェンス)の方が私は好きです…。

が、フィエスタはここまでの耐暑性はないので、陽射しの下で長く楽しめるサンパチェンスは貴重だと思います。

成長力旺盛なキンギョソウ

園芸系ブログを拝見していて、たまに気になることが、「この寄せ植えはその後どうなったんだろう」という点です。

かわいい寄せ植えがどんな風に成長して、どれくらいの期間楽しめたのかとても気になります。

という訳で今回は、私が秋に寄せ植えた、ある鉢の経過をご紹介します。

上の写真は10/14です。

コニファーに紅白のガーデンシクラメンを合わせて、クリスマスにもお正月にも使える鉢にしたかったのです。

しかし空間が寂しくて、何が良いか探していたところ母にキンギョソウを勧められ(安かったので。たしか100円でした)、上のようになりました。しかし…

12/4 キンギョソウが順調に成長し、正面からだとシクラメンはほぼ見えません。

(一応、陰で花は咲かせていたのでせっせと花がらを取ったりはしていました)

1/14 寒くなると成長も花も止まると(母に)聞いていましたが、暖冬のためなのか勢いは止まらず…。

コニファーも埋もれています。

4/11 大変なことになっています!

結局、主役であったはずのコニファーもシクラメンもほぼ、姿が見えないままシーズンを終えました。

4/17 掻き分けると一応生きていることは確認できます。

4/21 このままではいけないと、キンギョソウを切り戻しすることに。

これでも半分以下に伐採しています。

中からカメムシが何匹も出て来て怖かったです。

やはり鉢植えはきちんと手入れするべきですね。

切り戻した枝はなんとなく挿し芽にしてみました。

20日経過した今日(5/11)もひとつも萎れず生き生きとしているので、恐らく全て根付いている気がします。

5/9 GW中にまた復活してくれました。

もう少し楽しめそうです。

もしかして夏越しができたらまたこのまま今年の冬も利用できるかもしれません。

 

我が家ではキンギョソウといえば姫ばかりで、大きいものは(倒壊するので)育てていませんでしたが、こんなに強いなら今年の冬は庭植えに使ってみようかなと思いました。

霜や雪には弱いのかもしれませんがこの生命力を見ると、九州でたまに降る程度の寒波には負けないのではと思います。

予想外の経過となった寄せ植えでしたが、色々勉強になったひと鉢でした。

勝手にこぼれ種

今日はこぼれ種から5月頃に咲いている花を紹介します。

1つめはシャスタデージーです。

草刈り機の影響を受けない縁石沿いだけですが背が高いので存在感があります。

4/11 一か月前です。タンポポ程度の高さです。

5/10 昨日です。

4月からの1か月で急に背丈を伸ばすのでそれまでは邪魔になりません。

白なので色んな花と自然に馴染みます。

 

2つめはシレネ(フクロナデシコ)です。

ここは乾燥して草も生えない不毛地帯ですがどこからともなく現れ、花を咲かせています。

がくが袋状に膨らんでいて横からみると特徴的な姿をしています。

もちろん花壇の中にも映えていますが、背丈が低いので他の花の邪魔にはなりません。

 

3つめはヒルザキツキミソウです。

群生してもふわふわとした見た目なので圧迫感がありません。

こちらも草刈り機の影響を受けない縁石沿いにきれいに咲いています。

かわいいのでおすすめの花です。

 

最後はエリゲロン(源平小菊)です。

このようにきちんと咲いていると大人しく見えますが、これは本当に強いです。

アスファルトの亀裂からも、他の花の鉢からも芽を出します。

ヘデラの間から負けずに咲く花ってなかなかないんじゃないかと思います。

でもこれも背が低くてふわふわしてるので植えた覚えがないところから咲いていてもほぼ気になりません。

ピンクと白の混色な点もかわいいです。

うしろにシャスタデージーも生えています。

 

きっと他にも強い花はあるかと思いますが、自生しても気にならない控えめさで、他と馴染むという理由で駆除されず生き延びている花たちです。

単体では雑草に見えるかもしれませんが他の花と合わせると手がかからないのでおすすめです。

暖地(日照り)、乾燥地でも生き延びられる強い花を探している方にはおすすめです。

暖地の夏におすすめの花②

おすすめの花その2はインパチェンスです。

これは八重咲きインパチェンス(カリフォルニアローズ)のフィエスタです。

本当に薔薇みたいで、素敵です。

おすすめ理由のその①は「花がかわいい」です。

去年の4/15 買ってきたときです。

5/18 1か月でこうなりました。

去年は2色育てました。

おすすめ理由のその②は「育てやすい」です。

サフィニアも良かったですが、あちらは成長が著しく間延びして、やや手に負えなくなりましたがインパチェンスはそれなりにまとまってくれます。

花がらも勝手にポトリと落ちるので手入れが楽でした(ペチュニアはべたべたして、手でそのまま取るのも大変で、途中から放置になりました…)。

10/4 その後。これは挿し芽でふえた株ですが、親株もどこかにあるはずです。

10/14 これは親株の鉢です。

ちょうど夏の花がなくなった頃にきれいに咲いてくれていたので重宝しました。

11/30 これはさすがにもうボロボロですね…。

おすすめ理由のその③は「花期が長い」です。

ちなみに次に紹介予定のサンパチェンスは

12/4でもこんな感じでした。すごい…。

フィエスタは日陰の方が好きです。

ただ去年(2018年)の異常な猛暑でも日陰ならばマイペースに花は咲いていましたので直射日光を避ければきっと真夏も楽しめます。

9月中旬を過ぎて他の花がなくなってからはまた日向に出てきました。

ある意味、隙間を埋めてくれる良い存在です。

4/28 そして、突然飛びますが昨日です。

花も咲いていたのですが鉢増しの時に全て切ってしまいました。

でも花芽がたくさんついているのでちょうどGW明けに咲いてくれると思います。

これで1株です。根がぱんぱんにまわっていたので、本当はもっと早く植え替えするべきでした…。

おすすめ理由のその④は「冬越しできる」です。

冬越しについてはわりと写真が残っていて長くなるので今度紹介します。

そしておすすめ理由のその⑤は「挿し芽が簡単」です。

これも冬越しと一緒に紹介しますが、気候が良ければ水に挿しておくだけですぐに発根します(気候が良くなくてもできるかもしれません)。

今回も、私がお勧めするまでもなく皆さんご存知の花だったとは思いますが、ガーデニングを始めたばかりの私が2018年の夏にも枯らさず、今年まで繋げることのできた花なのできっとかなり暖地向きの花なんだと思います。

暖地の夏におすすめの花①

ガーデニング初心者の私が去年1年育ててこれからの季節に特におすすめだと思った花を紹介します。

ひとつめはサフィニア(ペチュニア)です。

写真の品種は「サフィニアアート ももいろハート」です。

見てわかるように花びらにハートの模様が入っています。いいネーミングです。

おすすめ理由のその①は単純に「花がかわいい」からです。

この他にも星模様だったり八重だったりとかわいい種類がたくさんあります。

去年5/4  買ってきたときです。

ズル?してもうけっこう大きいものを買ってきました。

5/31 水やりをしていただけでハンギングのように溢れてきました。

8/2 真ん中がももいろハートです。

去年の夏はまれにみる猛暑でしたが、勢いが衰えていません。

おすすめ理由のその②は「真夏にもたくさん咲く」です。

暖地、しかも我が家のように乾燥気味のところで生き抜ける花は貴重です。

ちなみに上の写真の花が置いてある下はほぼアスファルトです。

 

…その後、私がほぼ写真を残していないのですがおすすめ理由のその③は「花期が長い」です。

次に紹介しようと思っているインパチェンスほどではありませんが、10月頃までは観賞に耐えていたと思います。

私が全く切り戻しをしなかったせいで間延びして手に負えず引き上げましたが、途中で剪定し直していたらもっと長く飾れたのではと思います。

3/29 無加温の温室?に放置で越冬しました。

おすすめ理由のその④は「冬越しできる」です。

切り戻ししなかったせいで変なところから新芽が出ていますが、とりあえず何となく緑の葉が残った状態で冬越ししました。

すりガラス越し程度の日光が半日(も入らないかも…)程度の無加温の、温室というか小屋です。

屋外よりは風が吹かない点がマシかなレベルです。

3月に入って恐る恐る日の当たる軒下に出し、中旬から咲き始めました。

4/27 本日です。

ペチュニアは連作障害があると聞いたので土だけ入れ換えました。根は意外とまわっていませんでした。鉢はそのままです。

サフィニアが強いのか、暖地ならペチュニアは越冬できるのかわかりませんが、花もかわいいし手もかからず夏にあれだけ咲いたので、とてもコストパフォーマンスのいい花だと思いました。

たしか八重のものも育てていたのですがそれは管理が悪かったのか、運が悪かったのか、消えてしまいました…。

私におすすめされるまでもなく、皆さん育てたことはあると思いますが、サフィニア(ペチュニア)はきっと冬越しできると思うので、少しお値段が張ったとしても是非とも気に入った見た目のものを育ててみてください。

たとえ1年で終わらせたとしても、長く楽しめるのでお釣りが来るほどだと思います。

上の苗はさすがに3年目はないと思いますが、機会があればその後をまたご報告します。

強い球根

この時期になると毎年勝手に花を咲かせてくれるうちのちょっと珍しい球根植物を紹介します。

お手入れは本当にゼロですが30年以上勝手に生き延びているようです。

最初の写真は球根ツリガネソウです。

花が咲き揃うまで貧相なヒヤシンスかな?と思っていたら違う植物でした。

シラーカンパニュラータとか、ヒヤシンソイデスとも呼ばれるそうです。

ヒヤシンスっぽいです、みたいな名前でちょっと面白かった。

(追記。イングリッシュブルーベルとも言うそうです)

紫と青の混じったきれいな色です。

釣り鐘の形からなんだか控えめな印象を受けますが

この写真では撤去後ですが、それまで雑草が生い茂っていた場所です。

姉が草をどけてくれるまでここにこんな花がいることに気付いていませんでした。

これは裏庭の砂利の隙間から生えています。

驚く強さです。

どちらも半日程度は日陰になる場所ですが、比較的じめじめしたところからこの砂利の間のように乾燥したところでも柔軟に適応できる強さを感じます。

しかし我が家は日陰でも基本的にどこも乾燥気味です。

次はジャーマンアイリスです。

私の胸ほどの高さで巨大です。

暖かくなってくるとすごい勢いで成長して存在感を示します。

こちらも世話をされていないので倒壊しています…。

周りに水源も日陰になるようなものもなく、干上がった場所ですが元気です。

こちらは日当たりのいい乾燥地が得意なようです。

移植すれば我が家のいたるところで増えてくれそうな予感がします。

今年はひとつくらい移植してみようかな…。

倒壊したひとつを切ってきました。

庭の隅にいるよりデスクで色んな人に見てもらった方がきっと良いです。

甘いいい香りがします。

ジャーマンアイリスは名前はよく聞きますが、高いし、場所も取るので植えている人はちょっと珍しいかな…と思いました。

ちなみに左後ろの白い花はラナンキュラスです。

先週同じ状態でもう散ると思って切り花にしたのですが、そのまま散ることもなく長持ちしています。

一重だからかもしれません。

八重も豪華ですが、シンプルな一重も好きです。

早咲きのナノハナ

2/17の裏庭です。

今年は早咲きの菜の花を植えたので本当に早く春がきました。

表も垣根に沿ってずらっと植えてまだまだ寒空の下、とても映えていたのですが写真に残っていないので裏庭の写真です…。

どうでもいいですが菜の花はハナナと言ったりナバナと言ったり色々あるようですね。

種を探すときに菜の花ではヒットしない種類があったりして驚きました。

梅も咲いていました。相性ばっちりです。

3/11のモクレンです。

裏庭で、私たちにしか見られず咲いているのでここでお披露目です。

変わったスイセンも咲いていました。

調べたらけっこう珍しい種類のようでしたが、手もかからず毎年自生しています。

スノードロップにも負けていません。

上は3/22の写真です。けっこう長く菜の花が咲いていました。

我が家ではいつも菜の花を観賞しつつ、食用として利用しています。

おひたしなども美味しいですか、パスタなどにも使います。

犬も菜の花を食べるんですよ(本当に勝手に食べています)。

花も楽しめて美味しくて頑丈なのでおすすめな植物です。

2年目のオステオスペルマム

オステオスペルマムです。

3月中旬から咲き始めて、4月に入ってからは飾れるくらいになりました。

太陽の光で輝くように咲くのでよく映えます。

八重や、中心が花弁と違う色などおしゃれな品種もありますがこのシンプルな花も私は好きです。

去年、4株200円で買ってきた時の写真です。

このまま放置していたら暑さでヨロヨロになっていましたが、マーガレットと共に院長が日陰で保護していたら復活して冬越ししました。

マーガレット同様、院長が挿し芽で増やしています。

マーガレットよりやや、芽がつきにくかったようです。時間がかかりました。

咲き始めの蕾も個性的で好きです。

あと、花がらも分かりやすく(花が萎れて開かなくなる)葉も密集していないので手入れがしやすいところも好きです。

日陰に避難はしましたが、大して気を遣わずに暖地でも(そして去年の異常な猛暑でも)夏越しできましたので鉢花としてお勧めです。

スノードロップとミニクロッカスの水栽培

今日はスノードロップとミニクロッカスの水栽培について書こうと思います。

スノードロップは手乗り感がかわいくできました。

ミニクロッカスは横一列に並べてなんだか盆栽的な和の雰囲気が出ました。

 

ガーデニング1年目はじめての冬は、冬場は外で花を楽しむのは(寒くて)厳しいだろう、室内でなんとか楽しみたい。と思いヒヤシンス以外にもいろいろ挑戦してみたのでした。

デスクの上に置きたかったので大きくない球根を中心に選んでいます。

ミニクロッカスは4/14の記事の、ライラックワンダーと共にナフコさんで購入しました。水栽培開始は11/2。スノードロップはサカタのタネさんの「植えっぱなしにできる雑球根」に入ってましたので記録はしてませんが恐らく11月中旬に開始したと思います。

私の水栽培は芽が出るまではとりあえず冷蔵庫に入れっぱなしです。

11/9 1週間目で既に根が出てきました。

人差し指の頭くらいの小さな球根です。

11/23 芽が伸びてきたので冷蔵庫から屋外へ。

スノードロップは記録してませんが芽は全然出てなかったと思います。

11/23 同日。比較のために水にはつけず、ただ冷蔵庫に入れていた球根です。

芽だけ少し出ています。

こちらもこの日から湿らせたティッシュの上で発根を促しました。

12/4 やや、緑の芽も見えてきました。

この日からリビング(で植物用ライト)と屋外の二手に分けてみました。

外に出していたら何故か球根が紫になったものがありました。

1/15 今までクロッカスのような変化がなく全く記録していなかったスノードロップがいきなり花芽まで作っていたので慌てて撮ったもの。

本当に1週間もないうちに急に花芽が出現しました。

ちなみに室内に入れたクロッカスはその後、葉ばかり伸びていき、ひょろひょろになってしまいましたので諦めました。植物用ライトが悪かったというより、暖かすぎたのもいけなかったのかもしれません。

1/21 スノードロップは庭にも咲いていますが、下から見たことはありませんでした。水栽培で手乗りだからこそ見れた表情かなと思います。中の方まで緑の模様があってかわいいです。

ミニクロッカスはたくさん植え?ていましたので、1/26から咲き始め、2月中旬までチラホラ楽しめました。しかし、当たり前ですが植えたものがなかなか一度に咲かないので、見頃のものを寄せ直したりして随分球根に負担をかけました。

もしこのように楽しみたいなら1つずつバラバラに育てて、咲いたものから水ゴケなどで寄せ植えた方がいいです。私の方法は隣のものと根が絡み合ってほどくのが大変でした。

Olderposts

Copyright © 2019 FlowerDiary

Theme by Anders NorenUp ↑