チューリップが咲きました。

最近はガーデナーブログというより段々実験ブログみたいになってきていますが

今回はアイスチューリップ※を自作してみたのでそのご報告です。

他にもやっている方はいるみたいですが、

1月の半ばにもなっていないのにもう咲いたので、これは大成功でしょう!

※サカタのタネさんの商品で早咲きのチューリップ。寒いうちに咲くので長持ち。

 

9月の頭にチューリップをふつうに買ってきてそのまま冷蔵庫へ。

1ヶ月過ぎたあたりで上みたいな感じで無造作に水を追加。

ここらへんは去年(→)の経験が生きました。

一応、カビの原因になりそうな皮は剥いていますが

冷蔵庫の中なら水換えもさほどせずとも腐ったりしません。

なんなら私は放置しすぎて水が何度か干上がっていました←

 

11月12日。

根がこんな感じでしたがこれ以上待つと寒くなりそうだったので鉢植えしました。

けっこう浅植え。芽は出ていません。

 

11月27日。芽が出てきた!

 

12月2日。けっこうにょきにょき育ちます。

 

12月9日。

たしか球根がは2つしか植えていない筈でしたが、4つ芽が出ています!

 

12月20日。チューリップらしい形。

段々寒くなってきました。

このまま外に放置でいいのだろうかと悩み始めた頃。

 

成長も遅くなり、一方、外は冷え込んできてしまい

これはもう失敗するな。と思ったので

年末の大寒波の頃はこの簡易温室へ入れました。

蘭のために一応ヒーターがあるので15度くらいあるかな。

曇りが続くときは入れるようにしました。

 

そして今日です!

3日前は全く蕾も見えなかったのでまさか咲くとは思っておらず、

一昨日からまた温室に入れていたらいつの間にか咲きました。

ただ、暖かすぎたのか茎が短い…。

温室にいれなくても良かったかもしれません。

結局温室に入ったのは合計10日くらいでしょうか。

あとは忘れたりして、半分くらいはそのまま外でした。

残りの芽はきちんと育つといいな!

どれくらい長持ちしたかなどは、またご報告します。

 

まとめ↓

・なるべく早く球根を買う

・冷蔵庫の中で根出しする(ただ水に浸けるだけ)

・11月の上旬には植え付ける

・暖冬なら尚良し

 

ただこれだけ。

たぶん他のひとと違う点は冷蔵庫で根出しさせた点かな。

あとはここが九州で、今年が暖冬なのも成功した理由だと思います。

 

この前紹介した(→)シクラメンの現在

 

その後のチューリップの様子はこちら!→