今日はガーデニングの話じゃないんですが、この間革染めをしてそれが意外と楽しかったのでご紹介です。

 

使ったのはこの、染めQという怪しげなネーミングのスプレーです。

そう、革染めと言ってますが、スプレーなので実はあまり染めた感はありません。

近くのホームセンターには黒と白しかなかったのでamazonで買いました。

キャメルです。1800円でした。

むしろホームセンターより安かったですが、梱包や運ぶ人の手間を考えると、ホームセンターにあるならそっちで買うかな…。

ちなみに小さいサイズもあります。

財布とかポーチなら小さい方で十分と思います。

 

染めたのはこの革のトートバッグ。

 

染みとか

 

こんな褪せた革、持ってる人あまりいませんよね。

ちなみに脱脂しろと色々なところに書いてあったのでお風呂でザブザブと洗ってみました。

洗剤は使ってません(使っておけば良かったと今は思ってますが)。

 

テキトーにガムテープでマスキングもしてみました。

元の持ち主には嫌そうな顔をされていましたが、かなりボロボロだったので気負いなく開始できました。

 

庭に持っていって新聞紙を敷いて

 

サーっと1度吹き付けてみたところ。

あんまり変わりませんね。

速乾性なので瞬時に乾きます。

すぐ触っても手につかない!

 

4回くらい重ねたところ。

 

すごいムラがあります。

恐らく元の持ち主に、最初にこの染みはどうにかできないか相談したところ「ワセリン」で磨かれたことも原因の一端にあるかと思います。

染料がはじかれたのかと。

でも、これでもこのときは「まあまあじゃない?」なんて思ってました。

使い込んだ革ってこんな感じじゃない?と思おうと思えば思えないこともない?!(変な日本語)

写真じゃ伝わりませんがそれだけ最初の状態がすごかったんです。

でも大きいスプレーを買ったので全部使い切るまで塗り重ねることにしました。

 

全部使い切ったところ。

気になるところには何度も重ねてるのでもう何回重ねたのかはわかりません。

とりあえずこのトートバッグに大きいスプレー1本分使った状態です。

 

底の方に私の仕事の雑さが現れていますが、なかなかつやつやになりました。

 

底の方はどうせ見えないと思ったってのもあります。

 

ものすごかった染みのところ。

 

最初の画像に戻ります。

(ちなみにこの画像は、比較しやすいようにできる限り両者の色調が合うように色調補正してみてます)

どうでしょう?!スプレーなので他に道具もいらないし、かなりお手軽に「新品とは言わないけれども使える」くらいになったかと思います。

ちなみにプライマーとかトップコートなどもあるのでそちらを使えばもっと上等に仕上がると思いますし、今回は実力が分かりやすいように同じキャメルにしましたが、例えば黒とかネイビーなど元より濃い色にしたらもっとムラはわかりにくくできるかと思います。

強度ですが、もちろん手で触ったくらいでは落ちませんし、普通の使用程度では色移りもしないと思う仕上がりでした。

でも、引っ掻いたり、粘着力の強いものを使うと剥がれそうな感じはします。

あくまで「手軽に」染めたい人向きかなと思います。

が、普通の人はこれで十分じゃないかな…お気入りだったけどもう捨てようかと悩んでいるものがあったら、全く手間がかからないので是非試してみて、少しでも長くもう1度使ってあげてほしいです。

ちなみに染めQですがれっきとした日本の会社の製品で、ちょっと検索したら私よりももっと詳しくDIYに使用しているブログがたくさんあるので参考にしてみてくださいね!