ガーデニングとは関係ありませんが、犬が蛇に噛まれて慌てたのと、その時に検索してもあまり情報が出てこなかったので何かの役に立つと良いなと思い記します。

(※検索法が悪かったのかもしれません。あと記したところでこのブログがどこまでヒットするか…)

 

犬のスペックから。

ビーグル、メス、10キロ、2歳です。

20分ほど庭に出て帰って来たところ様子がおかしくなっていました。

いつもはソファーまで一目散に来ますが、ドアの横でじっとうずくまっており、連れて来たところ、上の写真のように目を閉じて何かに耐える様子でした。

目は虚ろというか、焦点が合っておらず、震えているようでした。

見た目に異常がないので何が何だかわからず。

鼻血が垂れていました。

出血というか、鼻水に薄く血が滲んだ程度です。

触ろうとするとかなり激しく怒り、噛みつこうとして悲鳴をあげたので口元が痛いのかなと観察。

10~15分ほどすると心なしか腫れてきました。

そこで段々と、蛇に噛まれたのではと気付きました。

私は子供の頃ではっきりと記憶にはありませんが、先代も蛇に噛まれて顔を腫らしたことがあります。

数日で治ったし、同犬種なので大丈夫だろうと思いましたが、あまりに具合が悪そうで病院に連れていきました。

土曜日の、しかも夜なので救急です。

福岡市の月隈にあります。行く前に電話が必要です。

非常に恐縮しながらかけましたが、場所など丁寧に教えていただきました。

我が家から30分ほどで到着しましたが、ケージ越しに発熱が感じられ、息が段々早くなってきており一瞬、「死ぬのでは?」と思いました(自分で言うのもなんですが、私はあまり心配性ではないのですが…)。

 

しかし、病院に到着してケージから出したら意外と元気になっており、先生たちに軽くですが尻尾を振る余裕も見せるくらいに。

ウワー、と申し訳なさでいっぱいでしたが、先生方は「あ、蛇だね、噛まれてるね」「これは仕方ないね」 と優しいお言葉。

(こんなのを連れてきて)スイマセン、スイマセン…と言いましたが、「化膿して酷くなることもあるので念のために注射は打ちましょう」と言うことで、2本打ってくれました。皮下注です。

 

興味のある人は少ないと思いますが…一応↓

〈注射内容〉

・アンピシリン 25mg/kg :抗生剤です。小児なんかもよく使います。

・トランサミン 10mg/kg:よく止血剤として使います。

・レペタン 0.02mg/kg:痛み止めです。オピオイド系でけっこうしっかり効きます。

・ポララミン 0.5mg/kg:抗アレルギー剤です。割と眠気がくる印象。

 

隣のコメントはヒトでの場合、です。動物のことは全く知らないので…(でもまあ、同じようなものかと)。

背中に打ってくれましたが非常にお上手で(実はここまで回復していたら怒って先生に噛みつくのではと気が気でなかったのですが)、打たれている時も尻尾を振っていました。

その後、翌日かかりつけに見せるための治療内容も書いて渡してくれました。

 

※どうでもいいけど、脈の記録が「股脈圧」となっており、へえー動物はそこで触知するのねと思いました。

 

帰って来てからはケージに入ったまま意識朦朧といった感じで寝入ってしまいましたが、体温も微熱程度に下がり、呼吸もふつうになっていたので薬のせいだろうと思い、心配はしませんでした。

 

翌朝。顔はやや歪んでいますが、体調はふつうになっていました。

食欲も旺盛でドッグフードもふつうに食べられるほど。

噛まれたところを触っても何も言いません。

二重顎みたいになって鼻筋が丸くなってますが、見慣れてない人は分からない程度かもしれません。

先代の方がもっと酷かった。

上が患側、下が噛まれていない方。並べてみました。

インターネットにある写真の方が余程酷いです。

うん、まあ、腫れてるかな…。

軽くて済んだのは処置を受けたお陰なのか、そもそもそこまで酷くなかったのかわかりませんが、とにかくうちの犬は翌日にはほぼ治っていました。

心配して調べて分かったのですが犬はマムシに噛まれてもほぼ死ぬことはないみたいです。

うちの犬がかなり具合が悪そうだったのは、ショック(精神的な)もあるかもしれません。

注射部もうっすら腫れていましたが痛そうではありませんでした。

放置してもいいのか、何か処置をした方がいいのか(特に時間外)は全く分かりませんが、我が家の例が誰かの参考になると良いです。

 

最後に、姉が撮った奇跡の一枚を貼って終わります。