今年は種から育てたビスカリアがたくさん咲いています。

種が小さくて蒔きにくいという以外はこれといって困ることはありませんでした。

冬越しも簡単。

むしろビスカリアくらいしか咲いてないかも…。

左端の桃色がビスカリアです。

エリゲロン、シャスタデイジーと並んでヘデラの間から咲いています(頑丈!)。

左端の白と桃色もビスカリアですし、右側の背の低い青色もビスカリアです。

背の低い方はブルーエンジェルと言って、どうやらエンジェルがつくと背が低い品種のようです(ピンクエンジェルもあるみたい)。

花びらが薄いので透明感があります。

背の高い方は、混合って書いてあったので白~ピンク、薄紫などもあります。エンジェルの方が背が低いぶん、雨風に強そうです。

花が咲く前の姿は麦そっくりです。

 

ビスカリアは単体でもきれいですが…

カリフォルニアポピー(まだ咲いてる!)と合わせたり…

オルレアと合わせたり…

何の花とも自然に合うので便利です。

春→夏の寂しい時期の繋ぎにおすすめです。

「混合」なのか「エンジェル」なのか途中からわからなくなって適当に植えてしまいましたが、それはそれで面白い組み合わせが見れたので良かったです(が、今年は計画的に植えます…!)。