今日はスノードロップとミニクロッカスの水栽培について書こうと思います。

スノードロップは手乗り感がかわいくできました。

ミニクロッカスは横一列に並べてなんだか盆栽的な和の雰囲気が出ました。

 

ガーデニング1年目はじめての冬は、冬場は外で花を楽しむのは(寒くて)厳しいだろう、室内でなんとか楽しみたい。と思いヒヤシンス以外にもいろいろ挑戦してみたのでした。

デスクの上に置きたかったので大きくない球根を中心に選んでいます。

ミニクロッカスは4/14の記事の、ライラックワンダーと共にナフコさんで購入しました。水栽培開始は11/2。スノードロップはサカタのタネさんの「植えっぱなしにできる雑球根」に入ってましたので記録はしてませんが恐らく11月中旬に開始したと思います。

私の水栽培は芽が出るまではとりあえず冷蔵庫に入れっぱなしです。

11/9 1週間目で既に根が出てきました。

人差し指の頭くらいの小さな球根です。

11/23 芽が伸びてきたので冷蔵庫から屋外へ。

スノードロップは記録してませんが芽は全然出てなかったと思います。

11/23 同日。比較のために水にはつけず、ただ冷蔵庫に入れていた球根です。

芽だけ少し出ています。

こちらもこの日から湿らせたティッシュの上で発根を促しました。

12/4 やや、緑の芽も見えてきました。

この日からリビング(で植物用ライト)と屋外の二手に分けてみました。

外に出していたら何故か球根が紫になったものがありました。

1/15 今までクロッカスのような変化がなく全く記録していなかったスノードロップがいきなり花芽まで作っていたので慌てて撮ったもの。

本当に1週間もないうちに急に花芽が出現しました。

ちなみに室内に入れたクロッカスはその後、葉ばかり伸びていき、ひょろひょろになってしまいましたので諦めました。植物用ライトが悪かったというより、暖かすぎたのもいけなかったのかもしれません。

1/21 スノードロップは庭にも咲いていますが、下から見たことはありませんでした。水栽培で手乗りだからこそ見れた表情かなと思います。中の方まで緑の模様があってかわいいです。

ミニクロッカスはたくさん植え?ていましたので、1/26から咲き始め、2月中旬までチラホラ楽しめました。しかし、当たり前ですが植えたものがなかなか一度に咲かないので、見頃のものを寄せ直したりして随分球根に負担をかけました。

もしこのように楽しみたいなら1つずつバラバラに育てて、咲いたものから水ゴケなどで寄せ植えた方がいいです。私の方法は隣のものと根が絡み合ってほどくのが大変でした。